グラフィックボードの選び方

パソコンでゲームをプレイするには無くてはならないグラフィックボード、skylakeなどでもある程度のグラフィック性能は内臓しておりますが、やはり高解像度、高機能な3DCGゲームをプレイするなら、グラフィックボードは購入しておきたいものです。
グラフィックボードは性能の見方さえ覚えてしまえば、あとは値段との相談です。

種類

NVIDIA社のGeForce系統と、AMD社のRADEON系統があります、現状GeForce系の方が普及率が高めです。

VRAM(ビデオメモリ)

ゲームの推奨環境などで、そのままGeForce〜〜以上とかRADEON〜以上と書かれていない場合に表示されております機能のひとつです。
3Dなどの高度なデータを一時保存します、データの多いグラフィックを表示するために必用です、ここが少ないとカクカクしたり、表示できなかったり、動作ができなかったりといった不具合が起こります。
VRAMを持たない、本体メモリと共有するものがあったりするので、気をつけてください、ボード本体にメモリを持ち合わせているものを購入しましょう。

クロック数

パソコン本体と同じクロック数です、グラフィックボードの中にあるCPUであるGPUの周波数をあらわしております。
CPU同様、数値が高いほど処理が早くなります。

PCI Express

パソコン本体にとりつける形式です、旧型にAGPなどありますが、AGP接続をみかけることは無くなったのであまり気にする事はないと思われます。

VGA、DVI、D-sub、HDMI、DP(ディスプレイポート)

映像の出力形式です、どの端子でモニターと接続できるか?また端子数などが書いてあります、折角買ったのにモニターが対応してなかった!ということにならないために確認しましょう。D-subは解像度が低く古いパソコンでは主流でした。一方、ゲームパソコンおすすめデスクトップなら高解像度に対応したDVI、HDMI、DisplayPortが使えることが多いようです。

ファン数

グラフィックボードは、CPUと同じように、パソコンで大きな熱を持つ部分です、ファンの数や大きさなどで、騒音なども予想できます。
水冷か空冷かなど、確認しておきましょう、基本空冷です。

消費電力

グラフィックボードは、パソコンのパーツの中でも電力を消費しますので、自分のパソコンの電源ユニットの最大容量を確認して、補える電力量のグラフィックボードを選びましょう。
電源ユニットの性能が足りない場合は電源ユニットの交換も視野に入れます。
上記の機能の名称をしっかり覚えることで、グラフィックボードを選びましょう。
選び方は、費用と相談しつつ、自分のプレイしたいゲームの推奨環境よりちょっと上のものを選んでおけば間違いないでしょう。
あと、寸法はしっかり確認しましょう、購入したのにパソコン内部に入らない!!なんてことも、あるあるなのです。